仕事の見える化

こんにちは、ヒコチョウです。

当医院では、通常の院内診療に加え、訪問歯科診療も行っております。

訪問歯科診療チームは、平日は月~金、朝9時頃から夕方5時6時くらいまで

車に乗ってご施設や居宅の方々のところへ伺って治療を行っております。

基本的には、ドクター+衛生士+コーディネーターの3人チームで伺います。

患者さまはお身体が不自由な方や意志の疎通が困難な方々が少なくないので、

患者さまご本人だけでなく、ご家族の方、介護の方、ケアマネの方々と十分に連絡を取らないといけないため、徹底した報連相が必要となります。

様々な書類作成であったり、一回の治療の事前事後報告であったりと、特に報告に関してはし過ぎて悪いということがないほど、入念にしないといけません。

当然ながらチーム内でも、それぞれの患者さまの情報を共有することが重要なのですが、
ここ最近、患者さまからの問い合わせの増加に伴い、スタッフの人数、車の台数も増えてきた。

そこで、事前に報連相の漏れやミスを徹底的に減らすべく、「仕事の見える化」を行いました。

 

atOffice02

 

 

やり方はいろいろあると思いますが、

まずは、各職種別に、毎日のルーティンワークを出来るだけ細かく、ポストイットに書き込んでいきます。一枚につき項目は一つだけ。こんな事書かなくてもわかるでしょ?というようなものも書いていきます。
その後、出てきた項目をグルーピングし、優先順位分けし、それぞれの担当者を決めていくだけです。担当者を決める場合、担当が複数になる場合もありますが、その場合もDH>DAのように必ず優先順位を決めます。

正直言って、とても簡単なフレームワークですが
行ってみると、内容や担当者があやふやだったものがかなりクリアになっていくので、多くの無駄を省くことができるし、マニュアル化することで、業務のコピペが出来るようになります。

業務の効率性を挙げるためには、さまざまな方法があると思いますが、
以下に無駄を省くかを考えると、みんながどこに何があるかを知っている、という状態をつくること、つまり日々の生活の延長である整理整頓清潔がしっかり出来ていること、基本的なことではないのかな?と思います。