要チェック!歯を抜かずに歯並びをキレイにするには?

小さいお子さんをお持ちの方で、

お子さんの将来の歯並びがとても気になっている方は多いかもしれません。

 

 

むし歯予防なら、定期的にフツ素塗布を受けたり、

 

砂糖の多い飲食物を控えたり、毎日フッ素を使って歯みがきをきちんとするなど、

さまざまな方法が一般的に知られています。

でも、どうしたら良い歯並びになるかはあまり知られていません。

 

 

みなさん、「咬合育成」をご存じですか?

 

 

咬合育成」とは、お子さんのお口を、

将来歯並びが悪くなる兆候がある場合に

早期に発見し、問題がおこる前に改善するという、

お口の正しい育ちを促す、いわば「歯並びの予防」のことを言います。

つまり、あごと歯の大きさの両方を診ることが大切です。

 

 

たとえば、歯が大きいわりにあごが小さく、

歯が生えるスペースが足りないと、歯は混み合ってガタガタになってしまいます。

そこで、小さな装置をお口のなかに入れて過ごすことで、

あごの成長を促しスペースを広げます。

すると歯は自然にきれいに並んでいきます。

また将来、受け口になる兆候のあるお子さんなら、

上下の歯の噛み合わせを調整し、

あごの成長を適切に誘導することで、

改善させることができます。

 

 

ただしこうした「歯並びの予防」は専門的な矯正治療とは違い、

いつでもできるものではありません

 

 

混合歯列期の初期、つまり前歯が生え替わった7歳ごろに開始し、

永久歯列の側方の歯が生え替わる前、

だいたい小学校の高学年までに終了するという、

一生に一度だけ可能な、期間限定の予防措置なんですね。

 

 

個人差がありますが、5歳〜12歳頃とお考え下さい

あごの成長を促し誘導して骨格的な間題を根本的に解決できるため、

多くの場合、抜歯が必要なく、小さな処置で大きな効果が得られます。

 

 

具体的に下の写真の例で見てみましょう。

咬合育成,矯正,小児

咬合育成をしなかった場合

BEFORE

右上の前歯の生えるスペースが足りなくなり、前歯の1本がうしろに生えてしまいました。

咬合育成,矯正,小児

咬合育成をしなかった場合

AFTER

18歳になった時の状態です。

うしろの歯は、噛むごとに下の歯に押され、さらに後退しました。

永久歯列が完成しておりますので、もう咬合育成はできません。

歯を削ったり、歯を抜く必要がある矯正治療を行わないといけません。

 

 

次は咬合育成を行ったケースです。

 

 

 

 

咬合育成,矯正,小児
咬合育成をおこなった場合

BEFORE

8歳の患者さまです。

右上の前歯の生えるスペースが足りなくて、

永久歯の前歯が1本うしろに生えてきました。

この歯は噛むごとに下の歯に押されうしろへ動き、自然に治ることはありません。

咬合育成,矯正,小児

咬合育成をおこなった場合

AFETR

17歳になりました。

小学校低学年の頃にあごの成長を促して広げ、歯並びの悪化を予防したおかげで、

歯を抜かずにきれいな歯並びの高校生へと成長しました。

 

 

 

いかがでしょうか?

咬合育成をおこなった場合とおこなわなかった場合の大きな違いにお気づきですね。

咬合育成をおこなった方がより良い結果となることが一目瞭然です。

咬合育成を行うことで、永久歯を抜かずに済む可能性が高くなります

 

 

咬合育成をおこなうにあたり、重要なのが、

小さな頃からお口の成長の経過を歯医者さんに確認してもらうこと。

日ごろからお口の成長を確認できれば、

問題の兆候があらわれてきたときに、

タイミングを逃さず「歯並びの予防」をおすすめし、

開始することができます。

 

 

お子さんの歯の生え替わりは、あっという間に進んでいきます。

貴重な機会を逃さないよう、幼児のころから定期的にメインテナンスに通い、

お口の育ちについて日ごろから相談しておくと安心ですね。

 

 

 

この記事がお役にたったという方は
ポチッと応援お願いします m(_ _)m