小顔になるヒント!

親知らずって抜いた方がいいの?とお悩みの方も多いですね。

「早く抜いた方がいいよ」と言われても、

痛みなどの自覚症状もないし、

症状があったとしても一時的だったり。

「なんで抜かないといけないんだろ…」と

ついつい疑問に感じがちな親知らずの抜歯。

 

 

あるいは、

「すごく痛いと聞くし…」

「やっぱり怖いよね…」

「親知らずの抜歯って大変なんでしょ?
仕事が忙しいからそんな時間取れないよ…」なんて、

先延ばしにしてしまうことが多いですよね。

そんな疑問にお答えします。

 

 

親知らず

親知らずとは、いちばん最後に生えてくる奥歯のことで、「智歯」と呼ばれています。

一般的には18〜20歳の頃に生え、本来はよく噛んで食べるときにはとても役に立つ存在の歯でした。

 

 

ところが、我々現代人のあごの骨格は、

食事が軟らかくなるにしたがい、小さくスリムになる傾向があり、

発育が不十分であることが珍しくありません。

 

 

あごが小さくなると言うことは、

先に生えそろっている永久歯の歯列が並ぶだけでも、

スペース的に一杯一杯になってくるのに、

その上、親知らずがきれいに生えてくるスペースは、

ほとんどなくなってしまっているというのが現実なんですね。

 

 

では、親知らずはどうなるのか?

スペースがないために、

間違った方向に生えてしまったり、

すでに生えている永久歯にひっかかって埋まったままであったり、

何かとトラブルの原因になることが多くなります。

 

 

ですから、すでに生えている永久歯に悪影響を与える場合には、

早めに親知らずの抜歯をした方が良いでしょう。

 

 

実は私たちのお口の中の歯の内、

何本かは、退化傾向にある歯があります。

退化傾向とはどういうことかというと、

機能的に使われなくなってくる歯ということです。

 

 

退化傾向にある歯は、縮小するか、生まれつき生えてこないこともあります。

親知らずも退化傾向にあり、すでに歯としての役割を終えつつあると考えられています。

隣の第二大臼歯に比べて、歯根が短く、

かみ合わせに担っている役割もほとんどありません。

親知らずがないために不自由にしているという方もまずいないでしょう。

そのため、すでに生えそろっている永久歯を、

後から生えてきた親知らずが痛めてしまう場合には、

親知らずを抜いてしまい、

残っている永久歯に負担がかからないようにすることがとても大切です。

 

 

もちろん、親知らずが正常に生えて、

しっかりと噛み合っている場合には、

抜く必要がありません。

しかしながら、そのようなケースはかなり少ないというのが現状です。

 

 

無駄に残っている親知らずのせいで、

手前の歯がむし歯になっていたり、

何かと炎症の原因になってしまうのは、

本当にもったいないことです。

 

 

気になる方は、是非かかりつけのクリニックでご相談してくださいね。

親知らずの抜歯に、1時間も2時間もかかることはありません。

ほとんどの場合、30分ほどで終わりますので、

その点も聞いてみるといいかもしれません。

 

 

ちなみに親知らずを抜くと、

小顔になる傾向がありますから、

女性的には嬉しいかもしれませんね。

 

 

親知らずが気になった!という方は
ポチッと応援お願いします m(_ _)m