Now Loading...

お子さまの歯並び、矯正はいつ始めたらいいの?

「うちの子の歯並びが気になるので、診て欲しいのですが・・・」というご相談を頂きます。

年齢的には5〜8歳ごろのお子様に多く、乳歯から永久歯に生え変わるタミングで歯並びが気になりだすようですね。

これらはご両親の日ごろのチェックや、学校での歯科健診で指摘されることで歯並びの悪さに気づくことがあり、

将来の口元のスタイルが想像できる頃でもあるため、

ご心配になられるお母さんが多く見受けるようです。


歯の噛み合わせが正しくないことことを、

「不正咬合(ふせいこうごう)」

と言います。


ですが、ご心配なさらないでください。

この時期のお子様の不正咬合は、早い段階での治療で改善されるケースが大きいのです。

この年齢時期は「思春期成長期前」と言われ、

まだ顎の骨格が成長しきっていないため、

顎の成長をコントロールする「一期治療」が可能な成長過程でもあります。

この時期を逃して思春期成長期以降の歯科矯正となりますと、

歯を抜いたりするなどの外科治療を要することもありますが、

早期に「一期治療」を行うことで、

顎の骨格の成長を促しながらスペースを作り、

抜歯する可能性を著しく減らすことが出来るようになります。


この不正咬合ですが、以下のような症例があります。


1. 乱ぐい歯(叢生)

乱ぐい歯(叢生)イメージ

顎が小さく歯が生えるスペースが十分じゃないため、歯が隣の歯を押しのけて生えようとすることでデコボコな並びになります。

隙間なくキッチリと並んでいた乳歯から永久歯に生え変わる頃から急に歯並びが悪くなり、特に前歯が目立つケースもしばしば。

小学校低学年〜中学生までですと抜歯せず矯正できるケースが多いので、早めの治療をおススメします。


2. 開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト)イメージ

歯をかみ合わせたとき、上の歯と下の歯の間に隙間ができるのが、この症状です。

奥歯を噛んだ時でも前歯が閉じず、その隙間から舌が見えたり、小さな食べ物が隙間から入れ込むことができるほどのケースもあります。

原因として幼少期のおしゃぶりが挙げられることもあり、飲み込みづらさ、口呼吸の原因ともなりえます。

成長とともに問題が拡大して定着してしまうこともあるので、

小学校低学年などの早い時期からの治療をおススメします。


3. 上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)イメージ

唇を閉じていても前歯の一部がのぞいてしまう、笑うと歯と歯茎が目立ってしまうなど、

下顎がうしろに引っ込んでいるように見える状態です。

前歯が永久歯に生え変わった頃から目立ちはじめ、

食べ物が噛み切りにくい、口内が乾燥して歯周病リスクが高まる、

顎に負担がかかり顎関節症になりやすい、などの見た目以外のリスクも併発しやすくなります。

早期に健診を行い、治療は小学校低学年〜高学年の頃からから徐々に治療を進めていきます。


4. 交叉咬合(クロスバイト)

交叉咬合(クロスバイト)イメージ

こちらは奥歯の不正咬合で、上下の奥歯が本来とは反対に組み合わさっている症状です。

この奥歯の噛み合わせのズレにより、

食べ物をしっかりと噛めない、成長と共に顎の骨に負担がかかり変形が起こり、顔のゆがみにつながるとも考えられます。

奥歯だから目立たないと油断していると、歯の不調や見た目だけではなく、

発音がしにくくなる、スムーズな飲み込みができなくなる、顎関節症の発症など、他のリスクも併発する恐れがあります。

乳歯の交叉咬合は3歳時健診で、また永久歯の交叉咬合は小学校低学年の歯科健診で指摘されることがありますので、

小学校低学年など早期の治療をおススメします。


5. 反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口)イメージ

下の前歯が上の前歯より前方にでている症状を指します。

原因として噛み癖、歯の位置や傾きの異常、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和などが挙げられ、

しっかりと噛むことができません。

下顎が上顎にかぶさってしまうので上顎の成長を遮ってしまい、成長するとさらに症状が目立ってしまいます。

思春期成長期前なら骨格を誘導しての治療が考えられますので、小学校低学年の早い時期から治療をおススメします。


不正咬合は単に歯並びが悪く見た目が気になるだけではなく、

すみずみまで歯ブラシが届きにくく汚れがたまりやすくなり、虫歯や歯肉炎、歯周病の原因になりやすいと言われています。

「一期治療」は限られた時期しか行えませんので、お子様の健やかな成長のため、少しでも気になりましたら早めにご相談下さい。


Other pages

PAGE TOP